■鉄筋表LT 使用例 (3)
前ページ TOPへもどる
■ 鉄筋表シートの保存、スクリプトファイルの作成、スクリプトファイルをCADへ送る
鉄筋表シートの保存
 ファイルメニューの名前を付けて保存を選択します。
スクリプトファイルの作成
 作成メニューを実行します、又はアイコンを押します。
 各項目名、項目の幅、文字高、フォント名、レイヤー名、色などの設定をし、実行ボタンを押します。
スクリプトファイルをCADへ送る
 AutoCADを起動し、コマンド受付状態にしておきます。
 出力メニューを実行します、又はアイコンを押します。
 AutoCADへ送ったところです。